NSのブログ

本日よりNAGANOSEIKIのブログということで「NSのブログ」を開設させて頂きます。よりよく長野精器を知って頂くために、随時、更新してまいりたいと思いますので、是非ご覧ください。

上田市産業展
2012/11/12
11月9日(金)10日(土)上田地域産業展2012へ出展させていただきました。
今回は新規事業として水素水サーバーと電解水を展示いたしました。
担当者2人が展示会未経験で、なおかつ打ち合わせもなかなかできず、電話と伝言メモで連絡を取り合うという状況で、かなり不安な面もありましたが、メーカーさんや、業者さんにご尽力いただき、なんとか形にすることができました。
当日も、たくさんの方々に足を運んでいただきましたので、この展示会をきっかけに水素水や電解水に興味をもっていただければ、本当に嬉しく思います。
特に近隣ブースの企業様や、各学校の先生方には、私たちが知らないような専門的なことまで教えていただいたり、またお客様からも貴重なご意見をいただいたりして、本当に勉強になることばかりでした。
皆様ありがとうございました!!

2011/10/11
H23.10.    あづみ農業協同組合 奈川給油所様                             地下タンクFRP内面ライニング施工!
設置後40年を経過し老朽化した地下タンクにFRP内面ライニングを施工いたしました。新規性の計量機も二台設置し、奈川地区には、必要なSSとして、リニューアルオープンされました。

2011/07/27
H23.7.20    上伊那農業協同組合 東部中央給油所様                    JA上伊那地域で今期、二件目のセルフスタンド                          リニューアルオープン!!


一週間前には西箕輪給油所がセルフスタンドとしてオープンし、今回は桜で有名な高遠地域にセルフスタンドがリニューアルオープンされました。
セルフ対応の機器の設置はもちろんのこと、こちらのスタンドは照明を全てLEDに変更されました。長野県内のJA様では、第三号となります。夜間での照明の明るさ、そして節電に取り組んだSS改造になったのではないでしょうか。





2011/07/27
H23.7.13    上伊那農業協同組合 西箕輪給油所様                         セルフスタンドとしてリニューアルオープン!!

従来のスタッフによるスタンドから、セルフスタンドとしてリニューアルオープンされました。セルフ対応型の計量機・消火設備の設置、老朽化したキャノピーの改修等を経て新たなスタンドに生まれ変わりました。

2011/06/06
H23.6.6     今年初の蜂蜜が収穫できました。

越冬から目覚めた蜂達が、蜜を求めて信州の春の野山を駆け巡りました。
冷たい春雨、スズメバチの襲撃、田畑に散布された消毒で多くの蜂を失いましたが残った蜂達が頑張りました。
まさにガンバレ蜜蜂!!

2011/04/30
H23.4.17  SUN    ~    4.28  THU    給油所地下タンク検査

仙台市を拠点に東北地方の地下タンク検査に行ってまいりました。震災で地下タンクや営業に影響がでている給油所も見受けられました。

又、わたしたち以外にも全国からたくさんのチームが応援に来ていました。こういった協力こそが団結力なんだなと実感いたしました。

右記の画像は宮城県内のSSです。タンク本体が地震の影響で浮いてしまったのではないでしょうか。

2011/04/21
H23.4.15 Tue  A.M 6:00   宮城県多賀城市のSSへ

  被災地への三度目の計量機運搬。中古の機器になりますが現地給油所へ直接出向いてまいりました。
SSはもちろんのこと、周りの民家等の地震による被害も多大なるものでした。

  来週日曜日からメーカーさんからの依頼で仙台を拠点にSSの地下タンク検査い出張予定です。



2011/04/15
H23.4.14 Thu  A.M 11:00   天候 晴れ

新たな蜂が仲間入りしました。
二年目の蜂蜜がどうなるか、今から楽しみです。

詳細画像はこちらから→    http://naganoseiki.co.jp/newpage5.html

2011/04/15
H23.4.12  Tue  A.M 6:00 仙台市へ計量機運搬

計量機メーカーさんよりの依頼で、長野県で5台、新潟県で1台計量機積込み仙台市へ。地震の影響による機器の破損。地震の恐ろしさを実感しました。

2011/04/07
H23.4.7  Thu  A.M 6:00 仙台市へ計量機運搬

被災地での燃料不足、危険物施設の破損等メディアでも取り上げられています。
取引先のメーカーより依頼があり、普段はサービス機として使用している計量機を仙台市までお届けしました。この計量機は簡易タンクとして燃料を貯蔵できるため電気さえあれば被災地でも使用可能なものです。

これからも、被災地への協力に努めていきたいと思います。

2011/04/04
平成23年3月11日に発生した東日本大震災により、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

長野精器では、なにができるのか。

H22.4.4 Mon  A.M 5:00義援物資を持ち、盛岡市、岩手県庁へ。

先日インターネットで検索したところ福島、宮城はもちろんのこと岩手県でも物資の受付をしておりました。問い合わせた結果、小学生の入学式が迫っているそうです。震災後危険も多いとのことで、小学生が携帯できる「防犯ブザー」を300個お届けすることになりました。岩手県庁の方にも喜ばれ幸いでした。